交わる、つながる、広がる

滞在可能な芸術活動と青少年体験活動ができる港

Homeイベント山下彩子「からだと景色をつなぐ研究会」成果発表としてのレクチャーの実施

アーティスト・イン・レジデンス

山下彩子「からだと景色をつなぐ研究会」成果発表としてのレクチャーの実施

メイン写真:山下彩子「からだと景色をつなぐ研究会」成果発表としてのレクチャーの実施
開催日
2019-11-09(土)
時 間
14:00~15:00
場 所
1F 工房・ギャラリー1
対 象
どなたでも
定 員
15名(展示作品のサイズによって増減あり)
参加費
無料(要申込)
募集期間
2019年9月15日(日)~2019年11月2日(土)
関連ページ
山下彩子のプロジェクト「景色から生まれたダンス、その行方」で、作品への理解をより深めてもらえる機会として、「からだと景色をつなぐ研究会」の展示作品の鑑賞についてのレクチャーを行います。

撮影:山本 糾
写真提供:青森公立大学国際芸術センター青森
======================
山下彩子「景色から生まれたダンス、その行方」
======================
360度の景色からダンスを生み出しそのダンスの体験型作品を製作し展示します。
仮展示期間を設け様々な方にモニターとして作品を体験してもらい、そのフィードバックを生かして最終的に本展示を行います。
仮展示期間には「からだと景色をつなぐ研究会」と称し、ダンス表現を「見ること」以外でどうしたら共有できるのかを考えるワークショップも開催します。
本展示期間には、「からだと景色をつなぐ研究会」の成果発表と展示作品の鑑賞についてのレクチャーを行い、作品への理解をより深めていただける機会を設けたいと考えています。
山下彩子 Yamashita Ayako
(ダンスパフォーマンス、インスタレーション/東京)

1984年東京都出身。2006年桜美林大学文学部総合文化学科演劇・舞踊専攻卒業。
日々の生活をも含めた自分自身の身体の内側と外側のささやかな生理も感情もひっくるめた人間個体としての変化に注目し、その繊細な変化への反応を振付の核としてダンスを構成している。そのようにして生まれたダンスを、上演以外の方法で鑑賞してもらう手段の探求と実践を行っている。
LINE@ID:iiq2166d
友だち追加


ページ先頭